スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

天のつぼみ 地のつぼみ

 2010-07-27

R20100719_0066_w2.jpg 

梅雨が明けたとたん、暑い暑い暑い毎日。
夏の空もユニークな表情を見せてくれるけれど、とにかく暑い。。。

夕方、陽が落ちる6時頃、やっと涼しい風が吹くようになり、いつもの散歩道には
ほっとした様子で散歩を楽しむ人々。

20100727_205_w.jpg 

今日は、梅雨が明けて2度目のシロツメクサ撮影。
この前は大雨の後で、花たちは随分と痛んでいたが、今日は逆にカラカラに照らされる毎日に、
散歩道の広場に咲くシロツメクサたちは、ほとんど見る影もないくらいに枯れてしまっていた。

枯れ野原が広がるなか、なんとか頑張って生き残っている子たちがいて、少ないながらも
魅力的なつぼみ達と出会うことができて感謝!
あの子たちのために、今夜にでもひと雨降って欲しいものだ。

20100727_433_w.jpg 

実は今日は、生まれて初めてRAWデータで撮影をした記念すべき(?)日。
今までPCが2000で、カメラからPCへの転送が恐ろしく時間がかかるため
JPEGでしか撮ってこなかったのだけれど、10年ぶりにPCを買い換えてやっとこさ。。。
7は2000の10倍くらいの速さで仕事をしてくれる。
・・・さて、このRAWデータ、撮ったはいいけどこれからどうすりゃいいんだろう(笑

世の中、どんどん速く便利になっているけれど、植物たちは気まぐれな自然に耐えて、
変わらぬ営みを見せてくれる。

陽が落ちて1時間、夢中で撮り続けて暗くなり、ふと空を見上げると優しい夕焼け空。
そういえばこの前は、すごく大きな”かなとこ雲”がオレンジに燃えていたし、
夕べの満月も不思議なオレンジ色だった。

ふと足を止めれば、天にも地にも、天国を見つけることができる。


   人気ブログランキングへ  
*今日の写真が好き!という方、クリックお願いします*
スポンサーサイト

花に宿る宇宙

 2010-06-24
20090814_338_w2.jpg 

先日の淡路島小旅行は、渋滞のため、急遽六甲に変更。
森林植物園と高山植物園と、有馬温泉を堪能する楽しい旅となった。

「蛍に会えたらすてきじゃない?」と思っていたら・・・
小さなアメンボ、大きなアメンボ、美しく光るトカゲ、そして地中をカサカサと移動する
モグラ?!らしき小さな生き物とも遭遇♪
いっしょに行った写真友達は、この謎のモグラ?にくぎ付け!
結局地表には現われてくれなくて、謎のままだったのをとても残念がっていた。

蛍には会えなかったけれど、十分すぎるほど「素敵じゃない?」な出会いを次々と楽しみ、
写真もたくさん撮れて大満足。
森林植物園の1000円の豪華お弁当はとっても美味しくて元気が出たし、
久しぶりに行った有馬温泉の「銀の湯」では、「温泉ってこんなに疲れがふっとぶの?!」
という体験をして、改めて有馬温泉の良さを実感!

20090810_187_w2.jpg 

そんなこんなで浮かれていて、はっと気がついたら、写真のグループ展の搬入間近!
わぁ、何も考えてなかったーーーということで、春にたくさん撮った「宇宙」シリーズから
3枚チョイスして、締め切り前日になんとか郵送。
気持ちに任せてたくさん撮ったものから、組写真として3枚選ぶというのは思ったより大変。
選んでからもトーンを合わせたりトリミングしたりと、楽しい苦労が待っていた。

会期中に、PHaT PHOTO編集長で写真家のテラウチマサト氏に写真を見ていただく会が
あり、去年に続いて今年も思い切って申し込んでしまった~ドキドキ。。。
去年は空を見てもらったけど、今年は去年たくさん撮ったシロツメクサにしよう!と決めて、
今は花に宿る宇宙を選ぶのに、またまた楽しい苦労を堪能中デス。

PHaT PHOTOプレミアムウィークin関西
http://pp-kansai.com/premium.html

グループ展 「100人の写真展-視点Ⅱ」
2010年6月25日(金)~7月4日(日) (会期中無休)
12:00~19:00(最終日 16:00まで) (入場料無料)

会場は神戸元町 メリケン画廊 (↓アクセスはこちら)
http://pp-kansai.com/access.html
お近くの方はぜひ遊びに来てください♪♪♪

   人気ブログランキングへ  
*今日の写真が好き!という方、クリックお願いします*  

天使の新芽

 2010-03-04

20100228_090_w.jpg 

20100228_077_w.jpg

自称「新芽&つぼみフェチ」な私。
街を歩いていて、街路樹のふわふわの冬毛に覆われた芽や、まだ固いつぼみなどと出逢うと、
必ず触れて挨拶したくなる。
昨日の写真教室の帰りには、開き始めばかりの白いこぶしの花に鼻をくっつけて、
そのやさしい香りを胸いっぱいに吸い込み、とてもハッピーな気持ちになった***

この前の宿題がきっかけで、久しぶりに撮り続けているエンジェルウィング(木立ベゴニア)も、
春に向けてユニークな新芽をつけるようになってくれた。
これも水をやりながら撮ってみると、なんだかぷるぷる、おいしそうにも見える♪
この新芽が日々開いて、天使が羽根を広げるように成長していく様子を見るのはとても楽しい。

大好きな冬の空が、春へと変化していく季節のなかで、いつもの散歩道では今年も
シロツメクサ達が小さな新芽を広げて私を呼んでいる。
今より明るいマクロレンズを買ったら、この子達をもっともっと素敵に撮れるかなぁと、
今朝はオリンパスのサポートセンターに問い合わせてみた♪♪♪

カナダに住む友人からは、オリンピックの赤いミトン、大人用は売り切れてしまって、
子供用を
手に入れてくれたとメールをもらっていたが、その後、街中で観光客と間違えられて
大人用をプレゼントされたから、来年の帰国の時にそれをお土産に持って帰ってくれるという
とってもラッキーなメッセージが。
レンズポーチにしたらおしゃれかも♪なんて、楽しい妄想を膨らませている。

  _ _ _ _ _ _
*今日の写真が好き!という方、クリックお願いします*  

天使の羽根と楽しい時間

 2010-02-21

 20100221_078_w3.jpg   

20100220_375_w2.jpg  

会社の研修が長引いて、今月から午後出勤のはずが9時5時生活のまま、
大好きな冬が行ってしまおうとしている。
毎朝バタバタと出勤の支度をしながら写真を撮っていると、ベランダの植物達に水やりをする
時間がなくなってしまい、 週末、「ごめんね」と声をかけながら彼らに水をあげる。

気持ちに余裕のない私を応援してくれているかのように、床暖房で暖かい部屋の中では、
ハイビスカスが次々に花を咲かせてくれているし、デンドロビウムもいつのまにか
大きくつぼみを膨ませ、開き始めてくれている~お水欲しいよね。 
 
写真教室のアドバンスクラス、第3回の宿題は「自分にとっての楽しい時間」。
そうだ、こうして植物達にゆっくり水やりをしてあげられる時間が、
「今の私にとっての楽しい時間」~ぜいたくな時間なのかも知れない。

20100221_129_w.jpg

そう思って、久しぶりに大好きなエンジェルウィング(木立ベゴニア)を撮ってみた。
この子達のユニークな模様とドレープはとってもフォトジェニックで、今までも何度も
撮ってきたけれど、 そこに水やりの楽しい気持ちを込めてみると、
今まで撮ったなかでも一番素敵に撮れたような気がする♪

天使の羽根が届けてくれた、「楽しい時間」にありがとう~***

カナダのオリンピックの赤いミトン、手に入るのは一ヶ所のみで、長蛇の列で2時間待ちだと
カナダ在住の友人からメールが届いた。
「たまたま待たずに手に入ったらでいいから、よろしくね」と返事を送った。

  _ _ _ _ _ _
*今日の写真が好き!という方、クリックお願いします*   

クローバーの新芽

 2009-11-01

昨日は秋晴れに誘われて、神戸森林植物園へ。
森林植物園に行くにはバスが頼り。
バスは土日と祝日しか出てないので、写真展が終わって落ち着いたら、
お天気のいい週末に、また行きたいなと思っていた。
写真展の嵐が過ぎ去り、長い緊張状態とその後の脱力感からか、なんだか気持ちが
アンバランスになっていたのと、日曜は雨ということで、昨日の土曜日はベストなタイミング。

20091031_144_w.gif

今回は紅葉目当ての家族連れが多くて、植物園内もにぎやかな雰囲気。
秋の気配も濃厚で、前回瞑想をした広場の芝生は明るいグリーンから枯れ葉色に。
広場でおにぎりを食べて、本を読んだ後、カメラを持って歩いてみると・・・
枯れた芝生の間から小さなクローバーの新芽が覗いている!

その愛らしさに夢中でシャッターをきっていると、またまたおじさん達に声をかけられた。
リュックを背負ったまま芝生に転がって写真を撮っている私が、倒れているように見えたらしく、
救助せねばと声をかけてくれたとのこと(ごめんなさい&
ありがとうございます!)。
おじさん達は立派な三脚持参の紅葉撮影隊。
でも、マクロ撮影もよくするそうで、私がクローバーの新芽を撮っているのを知って、
ポケットから霧吹きを取り出し、新芽にシュシュッと吹きかけてくれた(上の写真)。
(「虫除けスプレー」の表示にあわてたけれど、中はお水と聞いてホッ)

20091031_223_w.gif

写真展が終わり時間が経つとともに、あの経験で得たものを改めて感じる反面、
私自身のエネルギーは随分と乱れて、落ち着きを取り戻せないでいた。
写真展前と同様、時間があっても瞑想などする気にもなれない。
とにかく心がざわざわざわ・・・
これってきっと、今すぐ自然のかなでのんびりしなさいってことだろうなぁ。

DSC_0179_w.gif
今年の春、ニコンD5000撮影会に参加して撮った、ハーバー緑地のクローバー

そして植物園から帰ってみると・・・
展覧会の華やかな「色」から一転して、私の心はまた穏やかな「色」に戻ってくれた。
今、私の中には、数日前から欲しかったグリーンのイメージが広がっている。
私の中を「やさしいグリーン」で満たしてくれた植物の聖霊さんたち、ありがとう*** 
 

  _ _ _ _ _ _
*今日の写真が好き!という方、クリックお願いします* 

シロツメクサに宿る神さま

 2009-08-10

近くの散歩道の公園にシロツメクサが一面に咲くスペースがある。
三年前の春、カメラを持って散歩をしていて、ふと写真を撮ってみた。
マクロモードで思いっきり寄ってみると、とても繊細で複雑なデザインの美しい花びら…

「あー、こんなところに神さまがいる!」

20090810_018_w.jpg 20090810_187_w.jpg

こんな小さな花にも、神さまはなんて素晴らしいデザインを施されているんだろうと、
夢中になってシャッターを切った。
黒い犬を連れた散歩帰りのおじさんに、
「おねえちゃん、さっき通った時からおったけど、何してんの?
何かそこにええもんでもあるのん?!」 と声をかけられて、笑ってしまった。

その時はコンパクトデジカメしか持ってなくて、マクロといってもなかなか思うところにピントを
合わせることができず、 一眼レフで撮ったらきっときれいだろうなぁと思った。
(それが一眼レフが欲しいと思ったきっかけ) 

20090808_011_w.jpg 20090810_147_w.jpg

去年から一眼レフで空を撮るようになったけれど、私が撮りたい空のイメージは冬。
今の季節の空は実は私にとってはオフシーズンなので、この頃は花も撮るようになっている。
おかげでシロツメクサの神さまとも、 一眼レフで再会することができた。
八月に入って、そろそろ花も終わりに近いしと、このところせっせと通っていたら、
今日、雨上がりにたくさんの蕾が伸びているのを見つけた~嬉しい驚き!
もともと蕾や新芽を撮るのが大好きなので、本当に楽しくて♪♪

20090810_121_w.jpg 20090810_008_w.jpg

台風が近付いて、兵庫県も大きな被害が出ているけれど、神戸市は昨日ちょっと
風が強かった程度で、特に被害がなくてほっとしている。
昨日も風のなか、どうしても撮りたくて散歩道へ。
私は息を止めて、花には「お願い、揺れないで~」。
(途中で雨が降り始めたけど、やめられなくて傘をさして撮りつづけていた私…
もしあの黒い犬を連れたおじさんが通りかかったら、またびっくりされてしまったことだろう)
 

この散歩道のシロツメクサはピンクの花も多くて、この自然のままのやさしいピンクを
見てもらいので、これからはブルーにこだわらず、ハートに響いた写真を載せようと思う。
(ターコイズとピンクはとても響きあう色だし)

シロツメクサに宿る神さま、私のこだわりを手放させてくれてありがとう~***

20090809_009_w.jpg 20090809_006_w2.jpg

春から始めたこのブログ、アクセスが1000を越えました。
いつも見てくださっている方たち、本当にありがとうございます***
写真を通してシロツメクサのやさしいピンクのオーラが届きますように!

  _ _ _ _ _ _
*今日の写真が好き!という方、クリックお願いします*   

 

天使の羽根をカットする

 2009-07-03

数日前、やっと何年ぶりかにデンドロビウムの株分けをしてあげることができた。
「四季の花づくりタブー集」という本を見ながら、包丁を使っての大手術。
(ガーデニングで包丁を使ったのは初めて)
その本には、木立ベゴニアの植え替えについても書かれていて、
今度は木立ベゴニアのエンジェルウィングが気になってきた。
(どちらも本当は4月頃が植え替えにいい時期だけど)

「花が咲いていても、枝切りしないとダメ」 、「なるべく毎年植え替えよ」
…木立ベゴニアのページには植え替えの際、丸坊主にカットされた図が…

20090621_048_w.jpg

エンジェルウィングはその名の通り、葉が天使の羽根のような形をしていて、
その羽根にはユニークなシルバーの斑点がある。
このステキな葉っぱを全部カットして、丸坊主にしてしまうなんて…
数日悩んで、思い切って込み合った葉を8割ほどカットして植え替えてみた。

20090621_049_w.jpg

すっかりさっぱりした姿になったエンジェルウィング。
(正式には「フラミンゴクィーン」という品種のなかの「エンジェルウィング」という名らしい)

今まで隠れていた株元に小さな新芽が二つ伸び始めている。 
これからまたみずみずしい新しい羽根をたくさん広げてくれるのが楽しみだ。

カットした羽根たちは、わずかな望みをかけて、数本挿し木をしてみた。
こちらもまた新しい羽根を広げてくれたら嬉いなぁ。

 

  _ _ _ _ _ _ 雲・空写真
*今日の写真が好き!という方、クリックお願いします*   

旅する球根ベゴニア

 2009-06-24

旅の途中、ホームセンターで球根ベゴニアに出逢ってしまった。
いつも行く花屋さんやホームセンターではめったに見かけることのない品種。
朱色の薄い花びらが幾重にも重なった豪華な花が、いくつか重そうに首を垂れている。
大好きな品種だけど、球根で越冬させるなど、管理が難しいような気がして、
上手に育てる自信がなく、今まで手を出さずにいた。

でも去年から育てている木立ベゴニアも、最初は不安だったけど案外丈夫で、
ユニークな新芽が次々出てるし、可憐な花もよくつけてくれているしなぁ・・・
(その子は「エンジェルウィング」という、ラブリーな名前に惹かれて買ってしまった)
…迷った末に買って帰ることに。

R090612_0008_w.jpg

なにしろ旅の途中なので、増えていくばかりの荷物のなかで、かなり窮屈な思いをさせて
連れて帰ると、花も蕾もいくつか落ちてしまい、さすがにお疲れの様子だったが、
その後、植え替えて数日で、また葉の色もイキイキして、新しい蕾も育ってくれるようになり、
今ではエンジェルウィングと並んで、心地良さそうに風に揺れている。

ミニバラも、切り戻して枯れてしまったと思っていたら、小さな新芽が出始めてくれた。
何年も植え替えできなくて、がまんしてもらっていたデンドロビウムにも、
今年は株分けしてあげるからねと約束。
近々彼ら好みの狭い鉢を買い出しに行こう。


  _ _ _ _ _ _ 雲・空写真
*今日の写真が好き!という方、クリックお願いします*  

ミニバラとてんとう虫

 2009-05-25

一ヶ月ほど前に初めて買ったミニバラの鉢植え。
愛らしいピンクの花がひととおり終わって、数日前にふと見ると、また新しいつぼみが。
そしてそのつぼみのまわりにはアブラムシがうじゃうじゃ。
農薬はなるべく使いたくないので、去年見つけた「還元水あめで野菜と花を守る」
というスプレーで
様子を見ることに。

ピンクの花びらが開きかけたつぼみを見ると、今日もアブラムシが美味しそうに食事をしている。
そのおかげで、もうひとつの新しいつぼみにはしばらく気がつかなかったくらい。
うーん、このスプレーはいまいちかなぁと思って眺めていると、
ミニバラの鉢のすぐ近くに、小さなてんとう虫を発見!

20090530_298_w.jpg    

本棚から「庭仕事の素敵な友だち」という絵本を取り出しめくってみる。
そうそう、てんとう虫はアブラムシを食べてくれる。
それから、てんとう虫を庭に住みつかせるには、芳香性のゼラニウムを植えると効果的と
書いてあるので、離れた場所に置いてあったゼラニウムの鉢植えをミニバラのすぐそばに。
これでてんとう虫が喜んでくれるかな?
てんとう虫さん、我が家のベランダに来てくれてありがとう~♪


  _ _ _ _ _ _ 雲・空写真
*今日の写真が好き!という方、クリックお願いします* 
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。