スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

夜明けのブルー

 2009-12-31

20091221_275_w.jpg 

20091221_307_w.jpg 

仕事に行くようになって、日の出前後の時間帯の空をたくさん撮るようになった。
インディゴやネイビーに傾いたブルーだ。

待ち遠しかった冬の嵐の到来に、「(現実問題はさておいて)やはり仕事を始める時期を
早まったかな?!」とかなり後悔していたけれど、でもこれってもしかすると
「この冬は、前の冬とは違った色を表現してみたら?」という、写真の神様のおはからい
なのかも知れない。

20091220_148_w.jpg 

20091220_225_w2.jpg

新しい年を迎えた夜明け前(午前4時頃~)には、部分月食が見られるらしい。
元旦の月は
満月。
月の浄化と解放のエネルギーは、満月前夜に一番大きくなるというし、元旦に
満月と部分月食が重なるのも、すごいシンクロだなぁと感動してしまうけれど・・・
とにかく寒い!!
今朝は撮影している指がかじかんで痛かったし、大晦日の買い出し時には、
飛ばされそうなほどの冷たく強い風!
元旦にはやっと、冬の嵐を心置きなく撮れそうなので、欲張るのはやめて・・・
部分月食は夢の中で観測することにしよう。

このブログを訪問してくださってる方たちも、月の浄化と解放のエネルギーを受けて、
月食後の夜明けが、穏やかな喜びに満ちた一年の幕開けとなりますように!!

今読んでいる本、「ニューアース」(エックハルト・トール著)
もう一度読みたくて図書館で借りている本、「神の使者」(ゲイリー・R・レナード著)
(「神の使者」はアマゾンで注文後、在庫切れとわかり、届くのを気長に待っているところ)

  _ _ _ _ _ _
*今日の写真が好き!という方、クリックお願いします*   

スポンサーサイト

朝のブルー

 2009-12-23

20091220_116_w.jpg

20091220_205_w.jpg

やっと本格的な冬の訪れ~寒さで耳が痛いくらい!!!
今回の写真はどれも朝7時半すぎ。
朝の支度を早送りでこなしながら、ぎりぎりまでねばって写真を撮って、
駅までの上り坂を、息を切らせながら全速力で走るというパターン。
何とか駅に辿り着くと、もう駅の長い階段を駆け昇るパワーが残っていない(汗

・・・電車の窓から見える空に、会社に行くのが本当にもったいなくて、じたばたな
気持ちの日々だったが、その低気圧も少し緩んできたようだ。

20091221_341_w.jpg

20091221_366_w.jpg

20091220_064_w2.jpg

朝の空は、昼間の空とは違ったブルーに写る。
後ろ髪をひかれながら出勤した先日、須磨の海の上に美しい彩雲がかかっているのを
電車の窓から見つけることができた。
携帯のカメラでは写らず、コンパクトデジカメを持っていなかったのがとても残念で、
それ以来通勤カバンにもコンデジを入れるように。

先日、とあるセミナーに参加したところ、瞑想の誘導で「光の泉に入る」という部分があり、
そこで、あの日の彩雲に入っていく様子をイメージできたのが、とても気持ちのいい体験だった。
あの彩雲は、今まで見たなかでも、一番美しかったように思う。
いつか美しい彩雲の写真が撮れますように~***


  _ _ _ _ _ _
*今日の写真が好き!という方、クリックお願いします*  

 

ターコイズブルーの季節

 2009-12-13

20091118_241_sm2.jpg  
寒冷前線の通過が、美しい冬の空を届けてくれた(11月)

20091118_103_sm2.jpg 
冷たく澄んだ空気が、大好きなターコイズブルーを見せてくれる

早起き生活が始まって一週間。
日の出の少し前に目覚まし時計が鳴り、眠い目をこすりながらカメラをかまえてみるが、
まだなかなかいい空に遭遇できていない。 
暖かい12月、今週からまた寒くなるということなので、やっと冬らしい空を期待できるかな?

1月半ばから午後出勤になると思っていたら、1月いっぱいは研修で9時-5時とわかり、
お楽しみは2月までおあずけとなってしまった。
この冬、ターコイズブルーの空を撮れるのは2月3月と、それまでの休日に限定されそうだ。
それを楽しみに、ハードな研修を乗りこえることにしよう♪

  _ _ _ _ _ _
*今日の写真が好き!という方、クリックお願いします*   

今年最後の満月

 2009-12-02

夕べは今年最後の満月。
とある方のブログに、満月前夜(12月1日)、すばる食(月がおうし座のプレアデス
星団を隠す)を撮影された、とても美しい写真が載っていた。
昨日(2日)にその記事を読んだので、私は残念ながら見逃してしまったけれど、
次回は1月25日に上限の月でのすばる食が見られるのだとか。
そんな記事を読んで、私もカメラを持ってベランダに出てみると、とても明るい月!
(上の写真は夕べの満月、下は11月23日のお月さま)

20091202_62_wb.jpg

満月から一夜明けて、久々の社会復帰が決まった。
これからは今までのようには時間がとれなくなるけれど、空を撮る時間はなるべく
削りたくなくて、午後からの勤務の仕事を選んだ。

いろんなことがあって、とても長い間仕事を離れていたけれど、次に仕事に
戻るまでに「何か」を見つけたい、と強く願っていた私にとって、
冬の空の写真で作品を創っていこうという方向性が見つかったことは、
とても大きな神さまからのプレゼントなので、そのプレゼントを最優先にしていきたい。

20091123_433_wb.jpg

・・・本格的な冬の空はもうすぐそこまで・・・。
この冬もワクワクを忘れないで、たくさんの空と雲の表情を撮っていこう!

昨日までに読んだ本
「神の使者」「不死というあなたの現実」(ともにゲイリー・R・レナード著)


  _ _ _ _ _ _
*今日の写真が好き!という方、クリックお願いします*   

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。