スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

月が見せてくれる夢

 2010-01-30

R20100120_1_w.jpg 

R20100120_2_w.jpg 

今日は満月~朝方、父の夢を見た。
・・・というか、父の声を聞きたくて、久しぶりに父に電話をかけようとしている夢。。。
目が覚めて少したってから「あぁ、父の声はもう聞けないんだ」と気がついたけれど、
それまでは父とつながっているような感覚だった。

少し前に会った友人は、4ヶ月前にお父さんが天国に旅立ったばかり。
それまでとても無邪気で元気いっぱいだった彼女が、なんだかよくわからないけれど
自分が今までと変わってしまったようだと戸惑っていて、「そんなの無理ないよ!」と話すと、
少しほっとしてくれたみたいだった。

覚悟はできていたとしても、家族が天国に旅立ってしまった寂しさは、意識の奥の奥に
とても深い痛みとして隠されている。
そんな自分がいていいんだと認めてあげて、そんな自分をいたわってあげて欲しいなと思う。
(私もそれがなかなかできなくて、苦しかったから)
今は誰よりも自分にやさしくしてあげてね。

R20100120_5_w.jpg  

彼女に会う朝ふと思いついて、本棚から取り出してプレゼントした本、
「天使体験」 ドリーン・バーチュー著

  _ _ _ _ _ _
*今日の写真が好き!という方、クリックお願いします*   

スポンサーサイト

幻想的な夕陽

 2010-01-17

R20100117_0033_w.jpg

R20100117_0030_w.jpg

風邪も治り、土曜日はすごーく久しぶりに友人たちを招いての鍋パーティー♪
美味しいお鍋をワイワイとつつきながら、時々ベランダに出ては空を楽しんだ午後。

金曜日は日没の時間に部分日食があったようだけど、これは残念ながら仕事で見れず。
でも、写真の神さまは、そんな私たちのために素敵なショーをプレゼントしてくれた。
今年の初日の出で、初めてサンピラー(太陽柱)というのを撮ったけれど、こんなにすぐに
今度は夕陽で見せてくれるなんて~***

R20100117_0039_w2.jpg

改めて元旦にリンクをはったウィキペディアで「太陽柱」を読み返してみる。
北海道で見られるという、ダイヤモンドダストの現象も、いつか見てみたいなぁ。
(今回はリコーCX1で撮影)

  _ _ _ _ _ _
*今日の写真が好き!という方、クリックお願いします*   

春を待つ新芽

 2010-01-13

20091221_377_w.jpg

20091221_381_w.jpg

またまた寒波が到来し、お昼過ぎには一時吹雪いて世界は真っ白に。
雪が大好きな私はウキウキ・・・でも風邪をひいてしまっているので、今日はベランダに
出るのはガマン、ガマン。。。(あぁ、でも呼ばれているかも・・・)
 

冷たい風が吹くベランダではムスカリの鉢植えから元気なグリーンの芽がにょきにょき。
毎年、11月頃から小さな芽を出し始めるムスカリ達。
ベランダなので、プランターの土はカラカラなのにすごいなぁと、いつも感動してしまう。
葉っぱが伸びすぎないようにと、いつも12月に本格的に寒くなるまでは水やりを控えて
いるのだけれど、 それでも春の開花前には葉っぱがだらしなく伸びすぎてしまうので、
試しに今年は元旦までがまんしてもらった。
カラカラの土から光を求めて勢い良く伸びる芽を見ると、どんなに寒くても春はちゃんと
訪れることを感じさせてくれる。

部屋の中には去年の夏、忙しさに随分水やりをさぼってしまい、危うく枯らしてしまいそうに
なったデンドロビウム達。
それでも昨日、ちゃんと花芽をつけてくれているのに気がついて、とても嬉しかった。
(きっといつもの年よりは少ないだろうけれど)
今年の夏はたくさんお水をあげるから、また元気になってね。

20091231_015_w.jpg

上の写真は大晦日、満月前夜~満月の解放のエネルギーいっぱいのお月様♪♪
次の満月は1月30日♪

  _ _ _ _ _ _
*今日の写真が好き!という方、クリックお願いします*   

新しい年の贈り物

 2010-01-01

20100101_066_w.jpg

一夜明けて、2010年。
明けましておめでとうございます。

ゆうべはやっぱり欲張って、月食の時間に目覚ましをかけておいたのだけれど、
月の位置が高くて、ベランダからは見えなくて残念。
(といって、午前4時すぎにカメラを持って月食撮影に出かけるには寒すぎて・・・)
でも月食をあきらめて3時間後、2010年の素晴らしい幕開けを撮ることができた。

20100101_141_w.jpg

厚い雲の隙間から一度顔を出したお日様が、また厚い雲の帯に隠れ、そして現われて・・・
写真に写ったのは、まるで炎のような幻想的な光の世界。。。
これってサンピラー(太陽柱)?

ウィキペディアで「太陽柱」を検索すると、アラスカで撮られた写真も載っていた。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E9%99%BD%E6%9F%B1
はぁ、寒いのはホントにすごーく苦手だけど、冬の空はやっぱりとっても魅力的。
アラスカが私を呼んでいる・・・!?

ドラマチックな日の出を撮って、初詣の神社でお屠蘇をいただき、
夜には小田和正さんの「クリスマスの約束2009」を見て涙。。。
(スピリチュアルな本を読んでいると、「ハートを開く」とか「ハートをつなぐ」といった
表現が出てくるけれど、彼はまさに音楽でみんなのハートを開いてひとつにしている。
音楽って素晴らしいなぁ、そして小田さんはやっぱり素敵だなぁと感動!)
サンピラーと小田さんのおかげで、今年はとてもラッキーでハッピーな元旦となった♪

写真の神さま、新年早々素敵なプレゼントをありがとうございました。
そしてブログを訪問してくださっている皆さま、
今年もよろしくお願いします。

  _ _ _ _ _ _
*今日の写真が好き!という方、クリックお願いします*   

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。