スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

☆「君住む街へ」

 2011-04-25
 

今年は春から小田和正さんの2年ぶりの全国ツアーが予定されていた。
楽しみにしていた4月1日の神戸公演は震災の影響で中止になったが、来月
高知にお墓参りに帰るのに合わせて愛媛のチケットを取っていたので、
一ヶ月後には小田さんの、あの透明な歌声と、温かい笑顔に再会することができる。
(神戸には8月に来てくれることに)

こんな時だからこそ、小田さんに会いたい…!
そう思っている小田さんファンが、きっと日本中にたくさんいることだろう。

そんなことを考えていたら、ネットで2年前のこんな記事を発見。
何度読み返しても涙がぽろぽろこぼれてしまう。

*******

「何とか神戸で歌えないか。青天でもいいから」 

 震災直後の被災地でライブをした小田和正さん
(産経ニュース 2009.1.16)

阪神大震災の発生直後に被災地で青空ライブを開き、神戸を特別な思いで
見つめる歌手がいる。
元オフコースの小田和正さん。
「神戸で歌いたい」の一心で当時、被災地に駆けつけた小田さんは、
その後も神戸を訪れるたび、ライブ会場となった被災地の公園を訪れる。
「何かできることがあれば」。
今も当時と変わらぬ神戸への思いを抱き続けている。

平成7年4月3日。
激震の生々しい傷跡が残る神戸市東灘区の御影公会堂北側の公園に、
柔らかな歌声が響いた。

「その手で望みを捨てないで/君住む街まで飛んでいくよ/
ひとりと思わないでいつでも」 (「君住む街へ」)

 

この日ライブの告知は一切なく、観客は居合わせた被災者約200人。
みな驚く間もなく、立ち尽くすように聞き入った。
被災地の片隅でひっそりと行われた30分間のライブだった。

小田さんは震災当日の朝、自宅で地震のニュースを知った。
「死者2人」。
テレビには速報とは、かけ離れた惨状が映し出されていた。
「見た瞬間、2人なわけないなって。
2人っていう数字が逆に被害の大きさを予感させて嫌だった」

2月には全国ツアーの神戸公演を控えていた。
だが、会場の神戸国際会館(神戸市中央区)は全壊し、中止となった。

「何とか神戸で歌えないか。青天(野外)でもいいから」。
被災地でのライブを提案した。
「亡くなった人の中にチケットを持っている人がいたはずだと思った。
何かやらなくちゃ、自分の気持ちの持っていきようがなかった」
     

大阪から神戸へ向かう車中で、被災地の風景を見た。
「街並みが壊れ、それが放置され、日常になっている。
実際に見ると、声も出なかったよ…」

神戸で歌いたい。
一方で、不安もあった。
自分がここで歌うことにどんな意味があるのか。
自分が被災者だったらどう思うか。
そんな考えが頭をよぎった。

「君住む街へ」を歌ったことはよく覚えている。
「あまりに(状況に)ぴったりして嫌だなとも思ったけど、
こういう時のための歌なんだろうなと思った」。

みんな頑張ろう、とはいえなかった。
「みんな、これからどうすんだろうなって」。
帰りの車中は静まりかえっていた。

9年9月、小田さんは全国ツアーのスタートに神戸を選んだ。
神戸国際会館が再建された11年には4年前の公演中止で、届けられなかった
思いを歌に託した。

その後も神戸に来ると必ず、あの公園を訪れる。
「あそこで歌った。
みんなにふれあった。
公園に足を踏み入れると、思いがよみがえってくる。
それを確かめるために」

昨年4月に訪れたときは、桜が咲いていた。
「いろいろ引きずる思いはあると思うけど、手のつけようもないようにみえた
がれきが、復興してきれいになって、すごいことだと思う」

今も被災地の人は頑張っているに違いない。
だからやはり頑張れ、とはいえない。
「何かできることがあればいってほしいな」。
君住む街まで飛んでいくよ-。
被災地への思いは、14年前のあの日と変わらない。

 

「君住む街へ」 オフコース
http://www.youtube.com/watch?v=1cyEWOvTI6M&feature=related

私が生小田さんに初めて会ったのは2009年のツアー。
初めてコンサートで聴く「君住む街へ」に、涙が止まらなかった。

震災の時は、まだ小田さんとはつながってなかったけれど、その温かいハートを、
時を越えて受け取ることができたと感じた。

小田さんの還暦のお誕生日には福岡公演まで足を伸ばした。
いつもタオルを用意して、たくさん涙を流して、そしてたくさん笑顔になれた。

神戸の震災から何とか立ち直った後も、次々に苦しいことが続いて
押しつぶされていた想いをどんどん解放して、いつしか小田さんのような
解放された還暦を迎えることが私の目標になっていた。

また、小田さんの、空に届くような優しく力強く澄んだ歌声は、
私の中に美しいブルーのイメージを育ててくれた。

今またツアーと震災が重なって、きっと小田さんは神戸の時と同じように
東北のファンの方たちのことをとてもとても心配しているだろう。

数日中には、ネットで注文した小田さんの新しいアルバム
「どーも」が届く予定。 
ひとりでも多くの人が、小田さんの歌に癒されて欲しい、
光を受け取って欲しいと思う。

*******

昨日、NHK BSプレムアムで放送された
「どんど晴れスペシャル」
企画が立ち上がったのが昨年11月末、そして今年の2~3月に収録とのこと。
2度目のロケは地震で中止になったとあるけれど、まさに奇跡のドラマ!

岩手の美しい景観と人々の笑顔、そして込められたメッセージ・・・。
4年ぶりにテレビから流れる
小田さん「ダイジョウブ」が胸に染みます。
(NHK総合では5/3~5に総集編、そして5/6、7にスペシャルを放送予定)
http://www.nhk.or.jp/drama/dondo/
←NHK「どんど晴れ」サイト

    

にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ

*今日の写真が好き!という方、クリックお願いします&いつもありがとうございます*

スポンサーサイト

☆読者モニター&「空写真1000枚、今、僕たちにできること。」

 2011-04-17

DSC_5857_450_w.jpg  

「世界一わかりやすいデジタル一眼レフカメラと写真の教科書
何をどう撮る?活用編」 読者モニター その2
発行:インプレスジャパン     http://www.impressjapan.jp/books/3004

この本は、「ゆるく」「シャープに」というキーワードに分けて書かれていて、
さて、私の写真って「ゆるい」の?「シャープ」なの?とちょっと悩んでしまう。

「ブルー」、「ビビット」、「逆光」、「超望遠レンズ」、「黒バック」…
”「シャープに」基本テク”(p52)の方が圧倒的に当てはまっているような。。。
自分では空を撮る時は、「ローキー」(シャープに)ではなく、ハイキー」
(ゆるく)だと思い込んできたのだけれど。
これからは撮る時に、自分が今どっちのモードなのかを意識してみるのもよさそうだ。
「ゆるく」の代表テクとして書かれている「前ボケ」(p50)はとても面白そう♪)

20100517_086_w.jpg 
黒バック その2

また、第一弾のおさらいとして、「光線を読む」ということで、地図をもとに光線を
予測することが、とてもわかりやすく書かれている(p23)。
ここに掲載された図を見て、そうか~我が家のベランダは南向きだから、春分から
秋分の間は日の出、日の入りが見えなくなるのか~と、改めてきちんと理解できた。
(第一弾の方により詳しく書かれている…普通誰でもわかってること?!)

あぁ~秋分の日が待ち遠しいなぁ。

******

「被災地へ希望なる風よ吹け☆」
http://www.youtube.com/watch?v=XE7NrAhT-vc&feature=player_embedded  

動画が公開されました!(YouTube版&にこにこ動画版)
4/8の記事で紹介した
「空写真1000枚、今、僕たちにできること」集まった
たくさんの空の写真たち。。。

一人3枚ということで、私の空の写真も3枚使っていただいてます(^ー^
東北の美しい空と海の写真もたくさん載っています!

上記アドレスはYouTube版。ぜひ720pフルスクリーンでご覧ください。
(画面右下の矢印が4つのボタンを押すとフルスクリーンになり、キーボードの
escキーで元のサイズに。その2つ左のボタンで720pを指定できます)

私の中では、空といえば小田和正さん澄んだ歌声♪
PCのスピーカーをOFFにして、iPodで小田さんを聴きながら見ると、
優しい気持ちになれました~* (作者さん、ゴメンナサイ)
集まった写真たちに込められた祈りが、光となって届きますように。。。

*****

手にとる*ポストカード展Vol.2(4/12~24)に引き続き出品しています。
虹のポストカードが好評のようで嬉しいです~ありがとうございますmm
お近くの方はぜひ! 詳細はコチラ→
http://meriken.jp/event7/index.html

    

にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ 

*今日の写真が好き!という方、クリックお願いします&いつもありがとうございます*

「世界一わかりやすいデジタル一眼レフカメラと写真の教科書」

 2011-04-10
u-32_w.jpg 

読者モニターの記事を独立させました~でもその前にちょっとだけ~

マヤ*マナさんが紹介してくれてました♪
ジョン・レノン 「イマジン」
http://www.youtube.com/watch?v=TCBNF4_Zf9w ←クリックしてね

また、写真友達がこんなのを紹介してくれてるのを発見♪
「上を向いて歩こう」 「見上げてごらん夜の星を」 (サントリーCM)
http://www.suntory.co.jp/enjoy/movie/d_s/880953905001.html

*******

「世界一わかりやすいデジタル一眼レフカメラと写真の教科書
何をどう撮る?活用編」 読者モニター その1
発行:インプレスジャパン     http://www.impressjapan.jp/books/3004

第一弾を読んでなかったので、まず第一弾を購入して読み終わり、
先日届いた第二弾をやっとぱらぱらと拾い読みをするように。

ニコンD7000の設定について、ゆるいイラストでとてもわかりやすく解説されていて、
取説嫌いな私でも、楽しく見ることができる。
(読むというより、見る~ゆるゆるな中井さんイラストにはくすっと笑ってしまう)

そして、先日、夜空を流れる雲を撮るのに、第一弾にも紹介されていた
「親指AF」という設定を試してみた。
まだ手が慣れなくてボタンが遠く感じられるけれど、慣れるとすごく良さそう。
(シャッター半押しで三脚を調整しているうちにパシャリ…という失敗から
解放される…実はあまり三脚は使わないんだけれど)

20090817_289_w2.jpg 
「黒バック」(P114参照)

また、花やサンキャッチャーの虹を撮った写真で「どうしてバックが黒くなるの?」と
聞かれる度に「知りませんっ」と答えてきたんだけれど、その謎がついに解けた(笑

それから私は「逆光」で撮るのが大好きということを、改めて認識。

DVDもついているが、今はポストカード展や諸々で見る暇がないので、これは
モニター期間が終わってからのお楽しみに取っておこう。

それから4/29に神戸で開催される
「中井精也先生『カメラと写真の教科書 何をどう撮る?活用編』特別フォトセミナー」
もダメモトで申し込んだら、ご招待のメールが届いてしまった。
いろんなことでバタバタしている日々だけど、テンションをあげて頑張ろう!!


*******

手にとるポストカード展、Vol.2(4/12~24)に引き続き出品しています。
お近くの方はぜひ! 詳細はコチラ→
http://meriken.jp/event7/index.html

    

にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ 

*今日の写真が好き!という方、クリックお願いします&いつもありがとうございます*

ヒカリのコトバ

 2011-04-08
ki-08-2_t_450_w.jpg    

今朝PCでニュースをチェックして、昨日また東北で大きな地震があったことを知った。
神戸の震災で余震の不安に怯えていた頃のことを思って、胸が締め付けられるようだ。
あの時は自分自身も被災者で、何もできなかった。
そしてたくさんの人に助けてもらった。

あれから16年・・・今はこうして写真を撮っている自分がいる。
写真は光で描く絵
・・・神戸の空から少しでも光が届きますように!!

ki-04_t_450_w.jpg 

ゆうべの地震のことを知った後、mixiの

空写真1000枚、今、僕達にできること。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=61112843&comment_count=479&comm_id=57075

というトピック(「空の写真」コミュ内)に、今日アップした3枚の写真とメッセージを投稿。

「被災地へ希望なる風ょ吹け☆」
 というスローガンで、空の写真を募集されていて、
3/31の締め切りまでに1608枚もの祈りのこもった空の写真たちが集まったとのこと。
(私も締め切り間際にせっせと投稿~締め切り後に1人5枚程度と知って冷や汗;;;)
これらを整理して、4/15までに節電を呼び掛ける動画に仕上げ、YouTubeなどで
公開されるそうです。

現在、動画完成までに1000コメント!を目指して、まだまだ空画像&コメントを
募集されてます。
mixiを利用されている方は、ぜひ覗いてみてください。

20090114_179_450_w.jpg    

話は変わって、、、大和田良さんが今年から連載を始められたことをきっかけに、
「デジタルカメラマガジン」を毎月購読するようになった。
(それまでどちらかというと、写真雑誌はあまり好きではなかったし、カメラや技術の
最新情報などにもほとんど興味がなくて)

仕事の休憩時間にぱらぱら読む程度だけれど、会社の「乗り鉄」友達と話すうちに、
「ゆる鉄カメラマン」なる中井精也さんに親しみを感じるようになり、中井さんの著書
「世界一わかりやすいデジタル一眼レフカメラと写真の教科書」第二弾の
モニター募集に、なにげに申し込んでみたら当たってしまった。

ということで、次回からモニター記事を掲載します(5/7までに4回~頑張ります)。
 
*******

手にとるポストカード展、Vol.2(4/12~24)にも引き続き出品することに。
お近くの方はぜひ! 詳細はコチラ→
http://meriken.jp/event7/index.html

    

にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ 

*今日の写真が好き!という方、クリックお願いします&いつもありがとうございます*

虹のコトバ 花のコトバ

 2011-04-03
o_niji_4_w5.jpg

みちよさんがお話会直前にオラクルカードを引いて、その日のお話のテーマを
決めていると聞いて、私も久しぶりにドリーン・バーチューさんオラクルカード
使ってみた(タロットカードのポジティブ版で、全てがポジティブなカード)。

数日前から迷っていたことがあり、それについて聞いてみたんだけれど、
1枚目ではピンと来ず、もっとハッキリ答えが欲しいと、もう一度。。。
すると1枚のカードがジャンプした(ジャンプカードは意味深らしい)。
それは満面の笑顔の布袋さん~空に向かって大きく広げた両手には
カラフルな虹がのっかっていて、メッセージは

「Power of Joy」(喜びのパワー)


うわー、大好きなカードだ♪♪ これが出たらもう迷うことはない!
天使さんは私の背中を押すツボを心得てるな~と、勇気を出すことができた♪
(後で気づいたんだれけど、1枚目も2枚目も、結局同じメッセージが書かれていた)

 o_niji_3_w.jpg

そして翌日、もうひとつ勇気を出したことがあり、その後、ふとお友達のブログを
覗いてみると。。。そこにも偶然虹の画像がアップされていて、その日の勇気にも
OKサインを受け取ることができた。
そして、その翌日には「勇気を出して良かった~」と思える嬉しいことが(^^v

今日アップした虹の写真が、誰かの背中を押してくれますように~*

*****

さて、お知らせです。
写真家のむらいさちさんが、心に花を「ココハナ作戦」というのを展開されています。
以下にむらいさちさんのブログから詳細を転載しましたので、写真が好きな方は
ぜひぜひ参加してください!
(私はツイッター未体験なので、参加方法がよくわかってなかったりするんですが)

rieko_kokohana01.jpg 

心に花を ココハナ作戦展開中です

写真が好きな僕らに出来る事は? と考えて始めました。
写真でみんなを元気にしよう! 「ココハナ作戦」 をしています。
元気が出る花の写真を、ブログやツイッタ―等に載せてみんなでシェアしています。
今は誰もが心に大きなストレスを抱えています、
そんな心を少しでもほぐせたらと思っています。

【ブログ用】
「心に花を」作戦
元気が出る花の写真を、ブログやツイッタ―等に載せてみんなでシェアしています。
ツイッタ―に載せる方は、#kokohana (#kokohanaの前後にスペースを一つあけて)
をつけて下さい。クリックすると、みんなの 「心に花を」 が見られます。

【ツイッタ―用70文字】
写真でみんなを元気にしよう!「心に花を作戦」をしています。花写真をアップして、
#kokohana(前後はスペースを一つ空ける)をつけて下さい。
☆イラストレーターの霜田りえこ さんがこの活動に賛同し、
素敵なイラストを描いてくれました。

*****

もうひとつ~見えない世界ってあるのかも~という方は、みちよさんのブログの
3/27の記事の後半を覗いてみてください。
原発さんのこと・・・きっとホッとできると思います***
http://breathwise.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-ed0a-3.html
(↑みちよさんのブログは、「みちよ 天使」で検索できます)

    

にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ 

*今日の写真が好き!という方、クリックお願いします&いつもありがとうございます*
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。