スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

本は素敵なプレゼント

 2009-07-30

従兄弟ファミリーの家に遊びに行く時に、大好きな従兄弟のお嫁さんが読むかな~と
エスター&ジェリー・ヒックスの「サラとソロモン」を持って行った。
とある方にすすめられて、途中まで時間がかかったものの(子供にも楽しめるように
書かれていて、 ちょっと頭が固くなっていた自分を自覚させてくれた)、
読みすすめると楽しくて、後半あっというまに読んでしまった本だ。
もしかすると彼女もこれを読んで、とってもハッピーな気持ちになってくれるかも知れない。

20090706_230_w2.jpg

すると、中二になる彼女の息子が本を読まないので、私からすすめて欲しいとのこと。
(彼と私はすごく気が合って、彼は私の影響で、すっかり小田和正さんの大ファン)

「サラとソロモン」は子供でもOKな本とはいえ、普段本を読まない男の子には少しハードルが
高いような気がして、家に帰って本棚を物色してみる。
男の子が楽しく読めそうな本…ということで、椎名誠さんの「少年の夏」と、
同じく「ナラン 草の国の少年たち」をチョイスしてみた。 

20090706_183_w3.jpg

「少年の夏」は、カヌーイストの野田知佑さんと犬と少年たちが、北海道の川を旅した夏の
エッセイが写真と少ない文章で構成されていて、 これなら活字嫌いの彼も興味を
示してくれそうだ。
「ナラン…」はモンゴルの少年少女の写真と文章で構成されていて、 これもきっと
読みやすいだろう。
ただ、万一彼が私のように遊牧民大好き少年になってしまっても責任は取れないけれど…
または、このまま彼が椎名誠さんファンになって、旅と焚き火と酒と本…なオトナに
なってしまっても やはり責任は取れない… (でもどちらも私的にはワクワクかも)

20090706_238_w2.jpg

さて、私は…図書館で借りていた星野道夫さんの本を読み終わって、 次は何にしようかなと
本棚のまだ読んでない本をぱらぱらめくり、ジェームズ・レッドフィールドの
「聖なる予言」を読むことに。
古本屋さんで見つけて、シリーズで買っておいた本だ。
次はパウロ・コエーリョの本を読もうと思っていたが、なんとなくこちらのシリーズのほうが
今の私にぴったりの素敵なプレゼントを受け取れそうな予感がする。

様々な本…本は私にとって、本当に素敵なプレゼントに満ちている。
彼もあの本たちから素敵なプレゼントを受け取ってくれたらいいな~♪


  _ _ _ _ _ _
*今日の写真が好き!という方、クリックお願いします*   

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://lachitolion.blog72.fc2.com/tb.php/25-8fc82e11
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。