スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

展覧会のお知らせ

 2010-04-24
20100421_391_w.jpg 

4月27日(火)~5月2日(日)
「アトリエ凹凸 1975~2010」展
に参加します。
場所は西宮市立市民ギャラリー(兵庫県)

昔、このアトリエ凹凸(おうとつ)で銅版画に夢中になっていた頃、
銅版画用の美しいインクを混ぜて、 好きな色を作るプロセスが、
まるで頭の中にお花が咲いているかのように楽しくて、楽しくて、、、

今年はアトリエ35周年、5年に一度の大きな展覧会で、私もOBとして
今回は写真を出させてもらえることに。

20100421_389_w2.jpg 

新作を出そうかと迷ったけれど、去年の秋、関西御苗場に出品した作品たちを
写真業界以外の人たちにも見てもらいたくて、去年の12点から8点に絞って出品します。
(関西御苗場に出品した作品たち↓)
http://lachitolion.blog72.fc2.com/blog-entry-35.html

5月2日の最終日には、アトリエ凹凸版画教室(銅版画・木版画・シルクスクリーン)の
デモンストレーションもあり(13時~15時)

版画に興味のある方、ご近所の方、ぜひ遊びに来てください♪

西宮市立市民ギャラリー(地図)
http://amity.nishi.or.jp/shimin/access.html
10:00~18:00 (最終日は16:00まで)

個性豊かなアトリエ凹凸のメンバーさん達はこちら
http://www.outotsu.com/jpn/artist.html

  _ _ _ _ _ _
*今日の写真が好き!という方、クリックお願いします*  

抽象表現?

 2010-02-12

R20100117_0027_w.jpg

「これって・・・ありですか?!」
「ありです」


これは私が時々写真の先生と交わす言葉。

一眼レフで初めてホワイトバランスを変えて空を撮った時も、この言葉を交わした。
つい最近、フォトショップでのレベル補正について聞いてみた時も、
「それが気持ちに合ってたらありです」というような答え。

ずっと空を撮っていて、OKをもらえるのは、空だか海だかわからないようなイメージの写真。
空そのものを空らしく撮るのも気持ちがいいけれど、日本画のような、抽象画のような
イメージで撮ることができるとOKが出る。
(「自分が撮った」というよりも、「写真の神さまが撮らせてくださった」という感じの作品かな?)

最初の頃は、私が撮った写真を見て、「心象風景のような」という表現をしてくれていたが、
今は「もっと抽象的に」というアドバイスをもらうようになった。
(知り合いの現代美術作家さんにも、これまでに同じアドバイスを何度かいただいている)

この写真はまだ見てもらってないんだけれど、今一番
「これって・・・ありですか?!」と聞いてみたい一枚だったりする♪


  _ _ _ _ _ _
*今日の写真が好き!という方、クリックお願いします*   

プラネタリウムの空

 2010-02-07

20100123_116_w.jpg 

R0018517_w.jpg 

1月から写真教室のアドバンスクラスが始まり、初回の宿題のテーマは「空」。

「空そのものじゃなくてもいいですよ」という意味深な振りに、どんな写真を撮ろうかな~と
悩みつつ、 1月23日は撮影会で須磨水族園へ。
入り口から入って正面の水槽は太陽光が差し込んで、とても幻想的。
魚達の写真をたくさん撮って、ふと上を見上げると・・・
ドーム型のブルーの天井が、なんだかプラネタリウムの空みたい。。。
撮り始めると、宇宙に吸い込まれるような気持ちになり、結局一時間以上、天井に向かって
夢中でシャッターを切りつづけた。
(水族園でそんなことをしていたのは、おそらく私だけ?!)


20100123_133_w.jpg

先日の2回目の授業でこの3枚を提出すると、先生から
「スーパーひとしくんをあげましょう」
とのお褒めの言葉(?)をいただいた(笑)

空そのものではなくても、自分が「空」を感じたら表現できるんだなぁという、うれしい体験に、
写真を始めたばかりの頃に感じていた、抽象的な表現へのワクワクが戻ってきた。
(銅版画をやっていた頃から、抽象的な表現ができる人に憧れていたので)

次の宿題は「雨」。
同期のメンバーもそれぞれ独創的なので、どんな「雨」を見られるのか、楽しみだ。

  _ _ _ _ _ _
*今日の写真が好き!という方、クリックお願いします*   

関西御苗場の7日間

 2009-10-20

関西御苗場の6日間(搬入を含めて7日間)が無事終わり、穏やかな日々が戻ってきた。

搬入、搬出で、まわりの方たちに、たくさんたくさん助けてもらえたこと、
遠い会場まで友人たちがわざわざ足を運んでくれたこと、
私の作品を見て、足を止めてくれた方たちとお話できたこと、
苦しかったこと、楽しかったこと、勉強になったこと、嬉しかったこと、、、
泣いて笑って、たくさんの想いが詰まった7日間の展示の様子を、今日は写真でご報告。

R20091012_0008_ts.gif

空のブース(個人ブース)のNoは101。
搬入日、事前のチェックミスが発覚してあせりまくる私を、隣のブースの楽天的な仲間が
助けてくれて、 個人ブース無事展示完了。
(展示もほとんどその仲間がてきぱきとすすめてくれた~感謝、感謝!!)

空のブース前で足を止めてくれる方たちは、まず色を楽しんでくれて、
そして声をかけると
「これって海ですか?」という質問を返してくれることが多かったかな。

R20091017_0034_s.gif

こちらは「ママフォト」ブース、テーマは「しあわせの時間」。
ひとりひとりにとって、それぞれの「しあわせの時間」・・・やさしい写真や
くすっと笑える写真など、 ブース前に立つとホッと癒される空間になっていた。
(こちらの搬入、搬出は全くお手伝いできなくて、ごめんなさい)

 20090817_289_w.gif   20090810_018_w.gif   20090810_057_w2.gif 

「ママフォト」ブースに展示してもらったシロツメクサの作品たち。(↑)
私はほとんど空のブースのあるスペースにいたけれど、友人をここに案内した時に、ちょうど
女性二人がこの写真を見て、「わぁっ」という声をあげてくれて、とても嬉しかった。  

空のブースで一度足を止めてくれた女性は、場内をまわってまた戻ってきてくれて、
「オーストラリアに留学していた時の空の色を思い出す」と言ってくれて感動。
(私もいつかオーストラリアの空を見てみたいなぁ)
 

春にメリケン画廊で開催された「333人展」、その時初めて出品した雲の作品を
覚えていてくれた方とお話できたのも、嬉しいプレゼントだった。(↓の作品たち)

 20090113_071_w2.gif  20090113_077_w2.gif  20090115_215_w2.gif

セミナーの時間がせまっていて短い時間だったけれど、 楽しくお話できた女性は、
空の写真に小田和正さんの歌詞を添えたフォトブックに、ものすごく心を揺さぶられたという
コメントを残してくれていた。
(小田さんの詞&歌はホントに胸にきゅーっと入ってくれる)
 

イベント参加と搬出準備でバタバタして、 結局ゆっくりお話できなかった女の子からは、
「作品を見た瞬間に、作品たちととても仲良くなれた」 という、とってもピュアなコメントを
残してくれていて、 もっともっとお話したかったなぁと、すごく
残念。 

いろんなことがあった7日間。
・・・もう来年は出品したくないかも・・・というくらいブルーな気持ちになった時もあったけれど、
振り返ると、予想もしていなかった暖かい触れ合いや、素敵な出逢いが
心の中に宝物として残ってくれた。

いろんな偶然が重なって、私のもとに届けられた宝物たち・・・
この宝物たちを大切にして、またこれからも写真を撮っていきたいと思う。

何かを感じて立ち止まってくれた方たち、コメントを残してくれた方たち、
友人たち、 仲間たち、運営してくれたスタッフさんたち、ボランティアメンバーさんたち、
本当にありがとうございました~***

  _ _ _ _ _ _
*今日の写真が好き!という方、クリックお願いします* 

「宇宙にまちがいはないのだから」

 2009-10-08

写真展の搬入まで残り三日となり、今日やっと準備の峠を越えたという感じ。
あとは販売用のポストカードの見本帳を作ることと、
画材屋さんとの搬入の打ち合わせなどなどを残すばかり。
搬入前日の山川紘矢さん、亜希子さんのセミナーにも無事出席できそうでホッと一息。

R20091008_0195_sm.gif
今日の台風一過の空

二週間前の額の手配はスリル満点。
12枚の額が必要になり、あちこち調べたうえで、去年、銅版画のグループ展で
使った額が写真にもやはり一番合うと感じて、去年もお世話になった画材屋さんへ。
店には在庫がなかったので、メーカーに問い合わせてもらうと、朝の時点で13枚だった
在庫が、 その時にはなんとゼロに・・・!
今から作って、入荷は写真展搬入翌日の13日になるとのこと。 

この時の私の頭のなかには、「これって宇宙は何を伝えているの?!」という想い・・・ 

一ヶ月ほど前のこと、山川亜希子さんにメッセージを送り、 いただいたお返事の最後に、
「宇宙にまちがいはないのだから」
と書かれていて、
この言葉がとてもハートに響いて忘れられなくて~*
それ以来いつもその言葉が私の中にあって、 この時も、このトラブルにはいったい
どんな意味があるんだろうかと考えながら、でもどうしても他の額は考えられない・・・ 

R20091008_0229_sm.gif
一眼レフでじっくり撮る余裕はなかったけれど

悩んでいる私を見て、店長さんがメーカーや営業さんに何度も電話で交渉してくれて、
難航の末、なんとか搬入前日の11日の入荷の約束を取り付けてくださった。
ホッとしつつも、11日は楽しみにしていた山川夫妻のセミナー。
あぁ、もう今回は諦めるしかないか・・・と思っていたが、後日、11日の手配は
私抜きでできるように段取りしていただけて、セミナーにはどうにか出席できることに。

このトラブルによって私が受け取ったプレゼントは、
やはり「宇宙に間違いはない」という気持ちと、店長さんへの感謝の気持ち。

今日中に頑張ってコンセプトボードを仕上げて、このことをブログに書きたいなと思っていたら、
今朝は久しぶりに不思議な虹の夢~***
大好きな台風一過の空を時々コンパクトデジカメで撮りながら、楽しく作業を進められた
一日だった~宇宙さん、ありがとう!

関西御苗場(10/13~10/18)
http://kansai-onaeba.com/event.html
http://kansai-onaeba.com/school.html 
写真家の石川直樹氏、浅田政志氏、テラウチマサト氏など豪華ゲストのトークショーや、
感動を写真で伝える「感性」を磨ける写真講座など、盛り沢山です♪   

  _ _ _ _ _ _
*今日の写真が好き!という方、クリックお願いします* 

風の音 セミの声

 2009-09-24

先週末、三宮からバスに乗って神戸森林植物園へ。
おにぎりとお茶と、電池の入っていないカメラを持って・・・

写真展のコンセプト提出の締め切りが翌日に迫っていたが、どうしても答えが見つからない。
書いても書いても、返ってくるのはNGばかり。
写真を撮るのはただただ楽しいのに、言葉はなんて難しいんだろう。

20090813_145_w.gif
先月の台風一過の空

今年二度目の神戸森林植物園 。
前回のあじさい撮影会の時も、「写真の言語化」という、写真を始めたばかりの
私にとってはものすごく難解な宿題をもらって、悩みに悩んでいた。
あの時は、花の写真をたくさん撮った帰り、バスに揺られるうちに、まるで花たちからの
プレゼントのように、自然と言葉が湧き出てくれた。
なので
今回ももしかしたら・・・と救いを求めるような気持ちで出かけて行った。
(カメラの電池を忘れるほどに)

お天気は晴れ。
ちょうど太平洋沿岸を台風が通過していて、少し強い風が吹いている。
広い園内の山道をしばらく散策していると、芝生の広場に出てホッと一息。
背の高い木々に囲まれた芝生に腰を下ろし、目を閉じてみる。
聞こえてくるのは木立を大きく揺らす風の音と、ツクツクボウシの声・・・

20090813_113_w.gif
低気圧が空に描く絵はとてもドラマチック

帰りのバスの時間がせまっていたので20分ほどだったけれど、瞑想するうちに
それまで続いていたプレッシャーと緊張がだんだん緩んで、
少しずつ言葉が浮かんでくるように・・・
そして帰りのバスに揺られるうちに、やっとコンセプトの書き出しの言葉が湧いてきて、
その日のうちに仕上げることができた。

・・・今回も、自然はそっと私に答えを教えてくれた。
考えても考えても答えが出ない時は、自然の中で一度全てを手放すのが一番のようだ。

展覧会まであと17日。
次に行く時には、あの木々たちはすっかり紅葉しているだろうか。


  _ _ _ _ _ _
*今日の写真が好き!という方、クリックお願いします* 

碧い空とシロツメクサ

 2009-09-06

10月13日(火)~18日(日)に大阪のCASOで開催される「関西御苗場2009」という
写真のイベントに、個人ブースを借りて出品することになり、今その準備をしている。
プリント用紙を選んだり、展示の方法を考えたり…

今回の展示は空の写真オンリーだけど、シロツメクサの写真もフォトブックにして置こうかな~
と考えていたら、同じ写真教室の「ママフォト」チームもグループでブースを借りることになり、
ママではないけど「ママフォト」のワークショップに通っている私も、声をかけていただいた。
これで個人のブースには空、グループのブースにはシロツメクサを出せることに♪

20090810_057_w3.jpg

関西御苗場」は、今通っている写真教室が、2008年から関西でもスタートさせたとのことで、
”自宅から近くて活気のありそうな写真教室”という理由で選んだ「波止場写真教室」が、
実はこんなに大きなイベントに関わっているなんて、私は全く知らずにいた。
写真を始めて一年足らずで、この大きなベントに参加できるように背中を押してくれた
先生とスタッフの方たちに本当に感謝している。

ママフォトスクール」の展示テーマは「しあわせの時間」(予定)。
搬入前日の10月11日には大阪で、大好きな翻訳家の山川紘矢さん&亜希子さんのセミナーも
あるし、私にとってはこの一週間が、(ハードだけれど)”しあわせの時間”になってくれそうだ~*


関西御苗場公式サイト http://kansai-onaeba.com/index.html
波止場写真教室   http://ppf-kobe.com/school.html
ママフォトスクール http://mama.meriken.jp/guideline.html


  _ _ _ _ _ _
*今日の写真が好き!という方、クリックお願いします* 

神戸で写真イベント開催中

 2009-05-23

5月16日から、神戸ポートタワーの近く、「みなと神戸元町 メリケン画廊」にて
「プレミアムウィークin関西2009」という、年に一度の写真のお祭りを開催中。

イベントの詳細はコチラ↓
http://pp-kansai.com/premium.html

私は自分の写した写真を展示してもらうのは初めてで、けっこうドキドキ。
写真の展示は5月31日まで(ひとり3枚出品展示)
そして6月2日からは、フォトブック展示ということで、 そのためのフォトブックをただ今制作中。

20090402_124_w.jpg     

先日フォトブックのレクチャーがあり出かけて行くと、 
全員マスク着用でレクチャーがスタート。そしてマスクを外して記念撮影。
いつもどおりのみんなの活気に、最初の不安はすっかりやわらいでしまった。

    20090402_125_w.jpg 

展示するフォトブックは文庫サイズ72ページ。
36ページの試作品を、しつこく2ヶ月もかけて仕上げたばかりの私に、
2
5日の締め切りまでに倍のページなんてホントにできるの?! 
悩んだ末に、またまたお気に入りの小田和正さんの歌詞に、写真を合わせてみることに♪♪ 
こんな楽しい機会を与えてくれた、神戸の空と、小田さんと、
そして
イベントを運営してくださっているスタッフの方達にありがとう!!


  _ _ _ _ _ _ 雲・空写真
*今日の写真が好き!という方、クリックお願いします* 

小さなフォトブック

 2009-05-16

2ヶ月ほど前から、初めてのフォトブックを試作している。
写真と文字・・・文字は大好きな小田和正さんの歌詞を借りて♪

20090114_188_w.jpg    

写真に自分の言葉を添えるのは、私の中でいろんなことがもっともっと発酵してから。
・・・それでいいんだと思わせてくれる、とても心に響くアドバイスを、ある方からいただいた。
文庫サイズの36ページという、この小さなフォトブック一冊を作る作業のなかで
重ねるプロセスは、私の宝物になりそうだ。    

20081222_041_w.jpg    

今は、去年のツアーで大きな大きな勇気をもらった
小田さんへの「ありがとう」を、この小さなフォトブックにたくさんたくさん詰めて・・・

  _ _ _ _ _ _ 雲・空写真
*今日の写真が好き!という方、クリックお願いします*

≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。